愛車を買い取ってもらう場合や、そして下取りの時も印鑑証明書が必要です。

この印鑑証明について解説していきます。

印鑑証明書とは実印であるという事実を実証する目的を持つものです。

この書類がないとその印鑑に関して実印として効力を持つということが裏付けられません。

個人にとっては相当高額な商談になる車両の売買ですのでどうしても実印が要ることになりますがその際に印鑑証明が必要となるのです。

役所で印鑑証明をつくるためには、あらかじめ印鑑証明をしておかなければなりません。

印鑑証明に登録するはんこは実印と呼ばれ世界で唯一のハンコであることが必須です。

この実印を手配して役場の受付に行けば、印鑑登録の手続きができます。

印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードというものが交付されそのはんこは実印になったということになります。

印鑑証明を交付してもらうためには、役場の担当部署へ行き専用の用紙に必要項目を埋めて、印鑑登録カードを持参する必要があります。

他にも、自動交付機で印鑑証明書を交付することができます。

印鑑証明には期限切れなどはありません。

そのためどれだけ前の印鑑証明であってもその効力は続くのです。

しかし、自動車買取の時は効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に交付されたものが有効とされています。

普通は期限を定める必要はありませんが、自動車売却のときには、買い取る側が必須となる有効期限を設定していますので、仮に中古車買い取りを検討している場合は、売却前に手元に置いておくとよいでしょう。