週刊誌の広告、ゴシップ紙、街中に見かけるビラやダイレクトメールで「多重借金の片付けします」「債務をまとめたいと思ったら」というような宣伝を読むことが多いです。

それらは、「整理屋」「買取業者」「紹介業者」と呼ばれている悪徳企業の嘘広告のときもあるということです。

利用した場合では破産手続きの中で免責許可をもらえないパターンも存在します。

「片付け屋」では、DMなどで多重債務者を集め、高額の費用を受け取って整頓をやりますが結局のところ債務整頓は実行されずに、負債人はもっと借金地獄に陥ってしまう失敗が大方と考えてください。

「買取専門屋」では、クレジットで、家電製品、電車の券をたくさん買わせて依頼者からこれらの品目を買った値段の20%ー半額で買い直すという手口のようです。

当人は瞬間的には金銭が手に入りますが、いずれクレジット業者から購入品の販売額の支払い要求がくることになり、実際は負債を増大させる結末になります。

この場合はカード会社へ詐欺に当たるということになって免責許可を手に入れられなくなります。

「紹介業者」の場合は、人気のサラ金から貸してもらえなくなった債務人についてダイレクトな資金提供は全然せずに、金貸しを可能である別の店を教え、常識外の手数料を受け取る会社です。

紹介業者は専門的な紹介で貸出できたかに報告しますが、実際には何もしないまま単に選考の甘い会社を把握しているというだけなのです。

この場合でも結局のところ借金を増大させる結末となります。