最近の若い人は、結婚することに対してメリットを感じられない、という理由で結婚をしない人が多いそうです。私も30代で未婚なのですが、それに近い考えをもっているので「確かにそうだよなあ」と共感します。  結婚をすると、なかなか自分の思い通りに生きられなくなりそうですし、価値観の違いがストレスになってしまうような気がします。  しかし、それに対して既婚者の友人は「結婚はメリット・デメリットだけでするものではない。ただ、好きな人と人生を共にしたいからするのだ」と言ってました。私はそれを聞いたとき、顔から火が出るくらい熱いラブコールだなあと思いましたが、実際にそういうものなのだと私は友人に感心しました。  つまり、そうした愛情さえあれば結婚の苦労は乗り越えられるし、またそうでなければ結婚をする価値はないということなのだと思います。  私がその友人のようになれるかはわかりませんが、目指すべき結婚の理想とはそういうものなのだと思います。