現金化を目的として列車のチケットなどをいっぱい決済すること>現金化を使わずに自身で現金化する目的でクレジットカードを使用するというのも同じ事と言えます。キャッシュ化することを目的としたカードショッピングはクレジットカードの違反に繋がってしまうからであります。たくさんの新幹線の旅券であったり切手購入等においてのクレカ利用については、運が悪いと換金する目的なのでは??と警戒されてしまう事例も考えられるので気をつけることが必要である。付け加えると、使用時点でキャッシング利用枠が上限になっている利用者のケースにおいては電車の乗車チケットなどを決済しようとするだけでもクレジットカード発行会社の担当者から連絡が入ってしまう場合もあるから、経済状態が悪い時のカード決済についてはさせなくなると思われます。経済的に余裕が無い際に考えるものは大抵の場合同じようなことなのでしょう。カード会社の立場からみて不都合な使い方をすること:以前流行した『永久期間』のような発行会社にとって少しもメリットになることのない違反した使用をした場合クレカの会社の判断によって強制没収という扱いになるケースというのもある。Web上で話題となった購入ポイントの不正な搾取というような多くの人には流通していない方法などというものが存在しても、このような手段というものはどう考えてもクレカの規約に反する行為になるのでどんなことがあっても試さないようにしてください。強制失効させられた個人情報については他のカード会社へ流れる》クレジットカードを没収させられてしまったとしても違うクレジットカードであれば問題ないのだから少しくらいであれば問題ないだろう??とか思っいる人この時代の情報社会ではその考えが命取りになる心配もある。なぜかと言うと、そもそも失効になってしまうという場合にはクレジット会社によりアクセス出来てしまう信用情報へデータが記録されるため、契約者の信用情報は地に落ちる可能性があるため。保有するだたひとつであったとしてもクレジットカードを強制退会となると他のカードでさえも契約しにくくなってしまうようですし最悪の場合持っているクレジットまでも没収扱いとなる事例もあるでしょう。強制退会とならずに継続して使用できる際にも使用期限切れとともに更新できなくなることになります。何度も何度も記載したように、失効となってしまうほどの使い方は何があってもなさることのないよう、正しくクレジットカードを使用して頂きたいと考えています。